経理担当者や内部監査担当者、管理職におすすめ『稲盛和夫の実学』

テーマは会社員におすすめの「稲盛和夫の実学」 日常の話

2022年も、今日で終わりです。今年は2022年8月24日に京セラの創業者の稲盛和夫さんが亡くなられました。10数年前に大学卒業して、経理の仕事に携わるようになったときに先輩から渡された稲盛和夫さんの『稲盛和夫の実学 経営と会計』の文庫本は今も時折、目を通しています。
すべての会社員のおすすめしたいと思うこの本の紹介です。

本の概要

京セラを創業し、KDDI創業し、日本航空の立て直しをしたカリスマ経営者の稲盛和夫さんが会計がわからんで経営ができるか』という思いで出版した本です。

文庫本で200ページ弱の本で、稲盛和夫さんが京セラを創業して上場させ日本を代表する企業にするまでの経営の過程で考えた会計とは何か、どうあるべきかについて経営者の目線で書かれた本です。

流行りのハウトゥー本やカラフルな入門書のような図表やイラストが沢山というわけではなく、ほぼ文章だけの本であり、経営者目線の本でもあるにもかかわらず説明が分かりやすく非常に読みやすい本です。

いわゆる決算書の読み方などではなく、経営にとって会計とは何か、正しい会計とは何か、という会計の本質と、それを会社にどう適用していきべきかという会計や内部統制の根本や基本的な考え方といったものが書かれています。
そのため1998年にこの本が出版された以降に会計ビックバンなどで会計基準などが大きく変わった今でも、その内容が陳腐化するものではありません。

むしろ、減価償却の耐用年数の税法基準ではなく会社の実態で設定すべしとの考え方などはIFRSの考え方そのものです。

こんな人におすすめです

会社員全員におすすめの本です。どの会社のどの部署でも会社の会計、予算、内部統制に無縁という人はいないと思います。

そんななかでもこんな人には特におすすめです。

経理部門、経営企画部門

『稲盛和夫の実学』では、経営者が会計に求めるものとは何か?、業績管理とはどうあるべきか?について書かれています。

経営者に対して月次決算、年度決算などで会計報告資料を作成する経理部や、予算や業績管理をするの経営企画担当者にとっては非常に有益な本です。

経理部門の新入社員には絶対に読んでほしい本です。

内部監査部門、内部統制担当部門

会計処理にあたって、モノの動きと伝票の動きは対応させるべしという「1対1の対応」、不正を防止するダブルチェックという、内部監査や内部統制担当者(J-SOX担当者)にとっては当たり前のことが経営者目線で分かりやすく書かれています。

現場レベルからの、
「なぜこんなめんどくさい手続をしないといかないのか?」
「内部監査や内部統制部門は現場の邪魔をするのか?」
「うちの部署はみんな真面目だから大丈夫」
といった声に対して、くじけそうになる時があると思います。

そんなときに、京セラを創業し大企業にした稲盛和夫さんが経営のなかで、正しい会計が必要であり、そのために正しい事務処理が必要ということを説いていてくれるこの本が指針となってくれるはずです。

経理部門や内部統制部門以外の管理職

どんな部署でも会社のお金や会計と無縁というわけにはいかないでしょう。

お金を触らない部署や研究開発部門などであっても、予算管理や備品の購入など会計とは何らかの接点があるはずです。
管理職になれば、それらについて責任を負う場面もでてくることでしょう。

また、部下からの様々な申請に対して承認をする、また部下に対して会社のルールを守らせる、という場面も管理職には多くでてきます。

そういったときに、経営者目線で会計とはなにか、ダブルチェックなどの会社の事務処理ルールはなぜ必要か、といった疑問に答えてくれるこの『稲盛和夫の実学』がおすすめです。

監査法人や内部監査の監査対応をしないといけない人

監査法人や内部監査の監査を受けた人なら分かると思いますが、監査法人や内部監査の言っていることを理解するのが難しいと感じることがあると思います。

「うちの部署はみんな真面目にやってるから不正なんて行らないのに、ハンコがないぐらいで、そんなうるさいことを言わなくても」
「仕事が忙しくて、ちょっと事後処理になっただけで、目くじら立てなくても」

など思うこともあると思いますが、監査法人や内部監査がなぜ事務処理を厳しく言うのか、ダブルチェックをやらせるのか、といったことが『稲盛和夫の実学』を読めば理解できると思います。

ポイント
  • カリスマ経営者の目線で書かれた会計、内部統制の本質が分かる本
  • 文庫本で200ページ弱と数時間で読める分量、説明も分かりやすく読みやすい
  • 経理担当者はもちろん、それ以外の経営企画、内部監査、内部統制といった部門の担当者にもおすすめ
  • あらゆる部署の管理職にとってもおすすめ

今日は、『稲盛和夫の実学』について紹介しました。

初めて読んでから10年以上経っていますが、何度も読み返す数少ない本です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました